Googleレスポンシブ検索広告とは?メリット・デメリットや効果を解説

Googleのレスポンシブ検索広告をご存知ですか?

リスティング広告の中でも新しい機能なので、まだ利用したことがない方も多いかもしれません。

ですがレスポンシブ検索広告を上手に活用できれば、通常のテキスト広告と比べて費用対効果のアップが期待できます

今回はGoogleリスティング広告の専門家である弊社が、レスポンシブ検索広告について解説します。

 

レスポンシブ検索広告とは

レスポンシブ検索広告とは、複数の見出しや説明文を1セットで入稿すると、Googleがそれらを組み合わせてユーザーごとに最適なパターンを配信する広告です。

通常、複数パターンの広告文を検証するには、
・沢山入稿する手間
・沢山検証するための金額
が必要ですよね。

ですが、レスポンシブ検索広告ならGoogleが最適化をかけてくれるため、これらの手間や金額を省くことができます。

レスポンシブ検索広告のメリット

レスポンシブ検索広告の最大のメリットは
「CTRとCVRの上昇が期待できる」
ということです。

検索したユーザーごとにGoogleが最適な広告順序をカスタマイズして出すため、ユーザーの興味を引きやすくなります。

レスポンシブ検索広告の2つのデメリット

レスポンシブ検索広告には2つのデメリットがあります。

  • 組み合わせごとの広告効果は確認できない
  • バリエーションを分けて多くの訴求を考える必要がある

順番に解説していきます。

組み合わせごとの広告効果は確認できない

レスポンシブ検索広告では見出しや説明文を複数パターン入稿しますが、組み合わせごとの配信実績は確認できません

例えば、
・見出しはABCの3パターン
・説明文はDEFの3パターン
を1セットで入稿した場合、A×Eの組み合わせの配信実績などを確認することはできません。

確認できるのは、あくまで1セット全体での配信実績になります。

バリエーションを分けて多くの訴求を考える必要がある

レスポンシブ検索広告の見出しや説明文は、訴求や方向性の違うパターンを複数用意しなくてはなりません

似たようなテキストを大量作成するのはNGです。

この制作の手間や時間が、ある意味デメリットと言えます。

レスポンシブ検索広告の入稿既定

レスポンシブ検索広告で特筆すべき入稿既定は以下です。

  • 見出しは最低3個、最高15個まで入稿可能
  • 説明文は最低2個、最高4個まで入稿可能

文字数制限や使用可能な記号は、通常のテキスト広告と同じです。

レスポンシブ検索広告を作成する際の4つの注意点

レスポンシブ検索広告を作成する際の注意点が4つあります。

  • 広告見出しは違うパターンのものを作成
  • なるべく多くの見出し・説明文を作成
  • 1広告グループにつき1つのレスポンシブ検索広告
  • 配信ボリュームが大きいキャンペーンで作成

上から順番に見ていきましょう。

広告見出しは違うパターンのものを作成

広告見出しは、似たようなテキストを複数作成するのはNGです。

なるべく違う訴求やテイストの違うものを用意しましょう。

様々な訴求を用意することで、ユーザーにとってより最適な広告を配信することができます。

なるべく多くの見出し・説明文を作成

レスポンシブ検索広告の見出しや説明文の必要数は以下です。

  • 見出しは最低3個
  • 説明文は最低2個

しかし、最低限の個数だと機械学習が上手くいかず、レスポンシブ検索広告のメリットを活かしきれません。

費用対効果の向上を図るために、なるべく多くのパターンを用意しましょう。特に、見出しは多ければ多いほど良いです。

1広告グループにつき1つのレスポンシブ検索広告

1広告グループにつき1個のレスポンシブ検索広告を入稿しましょう。

1広告グループに複数入稿してしまうと、
・予算が分散してしまう
・最適化が遅れてしまう
などのデメリットがあります。

配信ボリュームが大きいキャンペーンで作成

レスポンシブ検索広告は、配信ボリュームが大きいキャンペーンで作成しましょう

配信ボリュームの少ないキャンペーンで作成してしまうと、データがためにくく機械学習を活かせません。

まとめ:レスポンシブ検索広告を試してみよう

レスポンシブ検索広告は、費用対効果の改善が期待できる便利な機能です。

見出しや説明文の作成に少し時間はかかりますが、それでも試す価値は十分あります。
※ただし、配信ボリュームが少ないと最適化が上手くかからないので注意!

今後さらに広まっていく機能なので、是非レスポンシブ検索広告を活用してみてください。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループのウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。運用型広告事業を軸としたWEBマーケティング会社を経営。SEOで「神奈川 リスティング広告」「リスティング フリーランス」で1~2位表示中。