WEBマーケティング支援事業を展開。HP制作からSEO・広告運用代行・インハウス支援を実施。

2019/8/7 ブログ

リスティング広告とは-わかりやすく初心者向けに解説

リスティング広告って専門用語も多いし、管理画面も複雑で難しく感じますよね。

あなたもこんな状況ではありませんか?

「新卒でリスティング広告を担当することになった」
「突然上司に広告担当者を命じられた」
「リスティング広告を配信しようか悩んでいる」

そんな方に向けて、リスティング広告の基礎を解説します。

具体的には、以下の内容をご紹介。

・リスティング広告の概要
・リスティング広告のメリット/デメリット
・リスティング広告の費用について

リスティング広告の講師でもある私が、初心者に向けてわかりやすく解説します。

 

リスティング広告とは- 検索結果に表示できる広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!の検索結果に表示できる広告のことです。

言葉だけだとわかりにくいので、画像を用意しました。画像の赤枠部分がリスティング広告です▼

次は、リスティング広告の基礎となるポイントを以下の順番で解説していきます。

・リスティング広告が掲載される場所
・リスティング広告の掲載媒体はGoogleかYahoo!
・リスティング広告とSEO(自然検索)の違いとは
・リスティング広告の掲載順位はオークションで決まる

リスティング広告が掲載される場所

リスティング広告が掲載される場所は、主に以下の2つです。

・検索結果の一番上
・検索結果の一番下

リスティング広告というと、検索結果の一番上に表示されているイメージが強いかもしれません。ですが一番下にも広告は掲載されています。

また、リスティング広告が掲載されるのは1ページ目だけだと勘違いされがちですが、2ページ目以降にも表示されています。

リスティング広告の掲載媒体はGoogleかYahoo!

リスティング広告とは、一般的にGoogle広告やYahoo!プロモーション広告のことを指します

そのため、「リスティング広告を配信する」ということは、Google広告やYahoo!プロモーション広告に配信をすることと同義。

GoogleとYahoo!それぞれの機能や、どちらを選ぶべきかについては「リスティング広告の種類を解説」にまとめています。こちらも参考にしてください。

リスティング広告とSEO(自然検索)の違いとは

リスティング広告とSEO(自然検索)は、「検索結果にサイトを表示して集客する」という意味では同じ。

では両者の違いは何でしょうか。結論から言うと、以下5つがリスティング広告とSEOの相違点です。

  • リスティング広告は早ければ開始当日に結果が出るが、資産にはならない
  • SEOは結果が出るまで数ヵ月かかるが、資産になる
  • リスティング広告は1クリックごとに費用がかかる
  • リスティング広告はSEOと比べてクリック率が低い
  • リスティング広告は表示形式を自由に指定できる

リスティング広告とSEOの相違点をより詳しく知りたい方は、「リスティング広告とSEOどちらを選ぶ?」を参考にしてください。

リスティング広告の掲載順位はオークションで決まる

リスティング広告は掲載順位 (掲載場所)が上部であるほど、クリック率や効果が高い傾向にあります。

この掲載順位は、広告を出したい人同士のオークションで決まります。

具体的には、「入札金額×広告の質」で算出される数値。この数値をもとにオークションが実施され、掲載順位が決まります。

そのため、掲載順位を上げたかったら
・入札金額を上げる
・広告の質を高める
のどちらかを行う必要があります。

ここで言う広告の質とは、検索キーワードと広告文の相性や、広告のクリック率など。様々な情報をもとに、GoogleやYahoo!が判断します。

リスティング広告の費用-課金のタイミングと予算の目安

リスティング広告を出すにあたって、課金タイミングや予算の目安は必ず理解しておきましょう。

リスティング広告はクリックが発生したタイミングで課金される

リスティング広告は「クリックされた瞬間」に初めて課金されます。「広告が表示されたタイミング」では1円も請求されません。

逆に広告がクリックされたら、ユーザーがすぐにページを離脱してもしっかり費用がかかります。サイトが重いと、ページの読み込みが完了する前に離脱されることも。

1クリックごとに課金されるため、リスティング広告のことを「PPC広告(Pay Per Click広告)」と呼ぶ方もいます。

リスティング広告の予算の目安

リスティング広告は広告予算を自由に設定できるため、逆に迷ってしまう方もいますよね。

リスティング広告の予算は、中小企業の場合10〜100万円/月が目安になります。業界によっても異なるので、参考程度にしてください。

本来、リスティング広告の予算は目標獲得件数や費用対効果などの数値から計算して決めるもの。目安に従って決めるものではありません。

予算の決め方について詳しく知りたい方は、「リスティング広告費用の目安/相場とは」をご覧ください。

リスティング広告の9つのメリット

実際、リスティング広告の良いところって何でしょうか。なんとなく良いイメージはあるけど、意外と言葉にできない人もいるかと思います。

私が考えるリスティング広告のメリットは、以下9つです。

  1. 購買意欲の高いユーザーに配信できる
  2. 検索結果の目立つ位置に配信できる
  3. 低予算でも配信できる
  4. 早ければ初日に成果が出る(即効性がある)
  5. 狙った検索ワードにだけ配信できる
  6. 狙った広告文を配信できる
  7. 費用対効果を数値で確認できる
  8. リアルタイムで配信状況を確認できる
  9. いつでも始められ、いつでもやめられる

1つ1つ理由や詳細を解説したいところですが、膨大な量になってしまうため、詳しく知りたい方は「なぜリスティング広告が選ばれるのか?9つのメリットを解説!」を参考にしてください。

リスティング広告の5つのデメリット

リスティング広告は優秀な広告ですが、ある程度の欠点があるのも事実。

私は以下5つがリスティング広告のデメリットだと考えています。

  1. 予算が少ないと効果改善が難しい
  2. 人気のキーワードはクリック単価が上がりやすい
  3. 認知の拡大には不向き
  4. 出稿や運用の手間がかかる
  5. 機能が多いため、運用者の実力で効果に差が出る

こちらも1つ1つ解説すると膨大な量になってしまうため、別記事にまとめてあります。詳細や理由は「なぜリスティング広告が選ばれるのか?9つのメリットを解説!」をご覧ください。

まとめ:リスティング広告を始めよう

リスティング広告は、GoogleやYahoo!の検索結果に表示できる広告。予算も自由に調整できて気軽に始められるのでおすすめです。

弊社では、リスティング広告全般に関するご相談を受け付けています。無料アカウント分析も行っているため、お気軽にお問い合わせください。

 

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。デジタルマーケティング支援会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の「567KW」でSEO1~3位表示中(20年10月時点)