【Google広告】コンバージョンタグの仕組みから設定方法までを徹底解説!

Google広告を始めたばかりの時につまづきやすいのがコンバージョンタグの設定。

「効果測定のためにコンバージョンタグを設置したいけど、設置方法が分からない!」

という方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、

  • コンバージョンタグの名称
  • コンバージョンタグで計測する仕組み
  • コンバージョンタグの取得と設定方法

について解説していきます。

このあと説明する手順にそって設定すれば意外と簡単に設定できると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

グーグル広告のコンバージョンタグの名称

コンバージョンを計測するためには、以下の2種類のタグが必要になります。

  • グローバルサイトタグ
  • イベントスニペット

それぞれにどんな役割があるのか解説します。

グローバルサイトタグ

コンバージョントラッキングにまず必要なのがグローバルサイトタグになります。

グローバルサイトタグを設置したページにおける、以下の情報が保存されます。

  • サイトに訪れたユーザーの情報
  • ユーザーがクリックした広告の情報

グローバルサイトタグは効果を計測したいウェブサイトのすべてのページに設置する必要があります。

イベントスニペット

次にコンバージョン計測に必要なのはイベントスニペットになります。

イベントスニペットはサンキューページや購入ボタンなど、コンバージョンを計測したい部分に設置します。

設置後はグローバルサイトタグと連携し、コンバージョンを計測します。

コンバージョンの例として、

  • サンキューページの表示(商品購入や申込の後に表示される「ありがとうございました」ページ)
  • クリック(商品の購入ボタンなど)

があげられます。

これらが実行された時に、イベントスニペットがコンバージョンとしてカウントします。

コンバージョンタグの計測の仕組み

では、コンバージョンがどうのように計測されるのか解説します。

まず、グローバルサイトタグによって、ユーザーがアクセスしてきたタイミングで以下の情報を収集します。

  • サイトに訪れたユーザーの情報
  • ユーザーを誘導した広告のクリックに関する情報

その後、ユーザーがコンバージョンアクション(商品購入や申し込みなど)を起こしたタイミングで、設定していたイベントスニペットが動作。

コンバージョンが発生したことをGoogle広告アカウントに知らせます。

 

上記の流れでコンバージョンタグが動作することにより、

  • いつ
  • どのような属性のユーザーが
  • どの広告経由で

コンバージョンしたのかをGoolge広告アカウントで計測できるようになります。

Googleがどのようなユーザー情報を収集しているかは、Googleプライバシーポリシーを確認してみてください。

(思っていたより多岐にわたる情報を収集していてビックリされるかもしれません)

コンバージョンタグの取得・設置方法

コンバージョンタグを取得・設置する方法は、大きく分けて2つあります。

  • Googleタグマネージャーで取得・設置する
  • 直接コンバージョンタグを取得・設置する

多くのウェブサイトの計測タグを利用しているような場合はGoogleタグマネージャーを利用した方が管理、保守しやすいメリットがありますが、ここではそれぞれの取得・設置方法について順に解説します。

Googleタグマネージャーでコンバージョンタグを取得・設置する方法

Googleタグマネージャー(GTM)でコンバージョンタグを取得・設置すると、

  • ページのHTMLを直接編集することなくタグの追加、編集、削除をすることが出来る
  • 複数サイトへ計測タグを設置している場合は、一元管理でき把握しやすい

などのメリットがあります。

そのため、基本的にはGTMでコンバージョンタグを取得・設置することをおすすめします。

 

まずはGTMの公式サイト(https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/tag-manager/)を表示します。

始めて利用する際は、右上の「無料で利用する」をクリックします▼

(クリック後にGoogleアカウントでログインする必要があります。)

初めてGTMへログインした場合は、アカウントの作成画面になりますので、アカウントを作成しましょう▼

アカウントの作成を行うと利用規約が表示されるので、内容を確認のうえ「はい」を選択し同意してください▼

利用規約に同意するとGTMタグが表示されますので、指示に従ってウェブサイト内のすべてのページにタグを設置してください▼

(誤って×ボタンで表示を消してしまっても、タグマネージャー管理画面から「管理」タブ→「Googleタグマネージャーをインストール」をクリックすると同じ内容が表示されるので安心してください。)

ウェブサイトにGTMタグの設置が完了したら、Google広告アカウントでコンバージョンアクションを作成し「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を取得します。

Google広告アカウントにログインし、画面上部にある「ツールと設定」から「コンバージョン」を選択します▼

コンバージョンアクションの新規追加を行うので、追加ボタンをクリックします▼

今回はサンキューページがコンバージョンポイントなので「ウェブサイト」を選択します▼

「カテゴリ」や「コンバージョン名」などを入力しコンバージョンアクションを作成します。

入力が完了したら「作成して続行」ボタンをクリックします▼

ここではGoogleタグマネージャーを使用してタグを設置したので、「Googleタグマネージャーを使用してタグを追加します」を選択します▼

画面に表示される「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を別途テキストに保存し、「次へ」ボタンをクリックします▼

「完了」ボタンをクリックしコンバージョンアクションの作成を終了します▼

再度GTMへ戻り新しいタグを追加します▼

タグの名称を入力し、タグの設定マークをクリックします▼

タグのタイプを選択します。ここでは「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択します▼

さきほどGoogle広告アカウントで取得した「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を設定します。

この設定をすることでGoogle広告アカウントとGTMとを紐づけます▼

次にトリガーを追加するので、トリガーマークをクリックします▼

今回はサンキューページが表示されることがコンバージョンになるため「ページビュー」を選択します▼

トリガーとなるサンキューページのURLを設定し、最後に「保存」ボタンをクリックします▼

タグとトリガーの設定が完了したら、「保存」ボタンをクリックし設定を保存したら完了です▼

以上の設定をすることで、サンキューページが表示されるたびにGTMタグが動作し、Google広告でコンバージョンが計測できるようになります。

コンバージョンページに直接設置する方法

GTMを使用せずにコンバージョンタグを取得して直接ウェブサイトに設置する流れは以下のとおりです。

  • Google広告アカウントでコンバージョンタグを取得する
  • ウェブサイトにコンバージョンタグを設置する

では順に解説していきます。

 

Google広告アカウントにログインし、「ツールと設定」から「コンバージョン」をクリックします▼

「コンバージョンアクション」タブの新規追加ボタンをクリックし、新しくコンバージョンアクションを作成します▼

今回はサンキューページがコンバージョンポイントなので「ウェブサイト」を選択します▼

コンバージョンアクションの作成に必要な「カテゴリ」「コンバージョン名」などを入力し「作成して続行」ボタンをクリックします▼

ウェブサイトのページに手動でタグを設置するので「タグを自分で追加する」を選択します▼

このページに表示される「グローバルサイトタグ」と「イベントスニペット」をダウンロードしておき「次へ」ボタンをクリックします▼

「完了」ボタンをクリックしコンバージョンタグの設定を終了します▼

あとはWebサイトの以下の場所に、ダウンロードしたグローバルサイトタグとイベントスニペットを設置して完了です。

  • グローバルサイトタグ:広告に関連するウェブサイトの全ページの <head> 内
    (例)LPTOPページ、購入確認ページ、サンキューページ
  • イベントスニペット:コンバージョンページの<head>内(グローバルサイトタグの下)

まとめ:コンバージョンを計測して運用を改善しよう

商品やサービスの購入・申し込みを目的とした広告の場合、コンバージョンの計測は必須と言っても過言ではありません。

ぜひ活用していただき、広告のパフォーマンス改善に役立てていただけたら幸いです。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。WEBマーケティング会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の92KWでSEO1位表示中(20年4月時点)