Google検索広告で配信できる5つのオーディエンスとは-設定時の注意点も紹介

オーディエンスターゲティングが優秀なGoogle検索広告。

オーディエンスを使いこなせるかどうかで、広告の成果も大きく変わります。

この記事では、

  • Google検索広告で設定できるオーディエンス
  • オーディエンスを設定する際の注意点

についてご紹介。

見出しを読むだけでも理解できるように書いたので、是非参考にしてくださいね。

 

Google検索広告で設定できる5つのオーディエンス

Google検索広告では、以下5種類のオーディエンスターゲティングが利用できます。

  • デモグラフィックターゲティング(デモグラ)
  • 検索広告向けリマーケティング(RLSA)
  • 購買意向の強いユーザーのターゲティング
  • 類似ユーザーターゲティング
  • カスタマーマッチ

順番に解説してきますね。

デモグラフィックターゲティング(デモグラ)

オーディエンスターゲティングの基本であるデモグラ。Google広告では、以下4種類のデモグラを指定できます。

  • 年齢
  • 性別
  • 子供の有無
  • 世帯収入

それぞれ詳細を見ていきましょう。

年齢

Google広告では、以下の中から配信する年齢を選ぶことができます。
※デフォルトは全てが選択されています。

  • 18~24 才
  • 25~34 才
  • 35~44 才
  • 45~54 才
  • 55~64 才
  • 65 才以上
  • 不明

「20代に配信したい!」というときにちょっと困りますが、幅広い年齢の指定が可能です。

性別

性別は以下3つの中から選択できます。
※デフォルトは全てが選択されています。

  • 男性
  • 女性
  • 不明

ターゲットの性別が決まっている場合には指定しましょう。

子供の有無

子供の有無は、以下3つの中から指定できます。
※デフォルトは全てが選択されています。

  • 子供なし
  • 子供あり
  • 不明

例えば、子供向け商品の広告を親に向けて配信したい場合などに有効です。

世帯年収

世帯年収は、以下7つの中から指定できます。
※デフォルトは全てが選択されています。

  • 下位 50%
  • 41~50%
  • 31~40%
  • 21~30%
  • 11~20%
  • 上位 10%
  • 不明

商品が高価な場合や、逆に年収低めの層がターゲットの場合などに使用します。

検索広告向けリマーケティング(RLSA)

一度あなたのWebサイトに訪れたユーザーに対して広告を配信したり、入札を強めたりする「検索広告向けリマーケティング(RLSA)」。高いパフォーマンスを発揮することで有名です。

 

例えば、RLSAではこんなユーザーをターゲットに配信できます。

  • 商品詳細ページに来訪した人
  • 一度商品をカートに入れた人
  • 購入直前ページまで訪れた人

 

既に商品を認知しているユーザーや購買意欲の高いユーザーに配信するので、成約率が高いのは言うまでもないですよね。

通常の配信では獲得単価が目標を超えていた場合でも、RLSAなら目標達成できる可能性もあります。

 

一般的に、リマーケティング対象ユーザーが成果地点に近いほど、成約率が高い傾向にあります。

先ほどの例で言うと、

  1. 購入直前ページまで訪れた人
  2. 一度商品をカートに入れた人
  3. 商品詳細ページに来訪した人

の順番で成約率が高くなりやすいです。

購買意向の強いユーザーのターゲティング

選択したカテゴリにおいて、購買意向の強いと推測されるユーザーに対して配信するオーディエンスターゲティングです。

 

用意されているカテゴリも、

  • アパレル
  • 不動産
  • 教育
  • 旅行
  • 食べ物

など様々。

さらに、例えば不動産の中にも「商業用不動産」や「居住用不動産」などの子カテゴリなどもあります。

 

ただし、あまりにカテゴリを小さく指定しすぎてしまうと配信ボリュームが激減し、1日1クリックも消化しないことも。カテゴリの絞りすぎには注意しましょう。

類似ユーザーターゲティング

Webサイトの訪問者と同じ関心を持つユーザー(=類似ユーザー)に対して配信できます。

例えば、商品購入者の類似ユーザーに配信することで、購買意欲が高い(と思われる)新規ユーザーに配信が可能です。

 

類似ユーザーはあくまで「新規ユーザー」であることがポイント。リマーケティングと違って、新規顧客の開拓にも活用できます。

カスタマーマッチ

広告主の持つメールアドレスや電話番号などの顧客データと、Googleの所持するカスタマーデータが一致したユーザーに配信できます。

 

例えば、広告主が「電話番号:090-××××-△△△△」というデータを持っていたとしますよね。

このデータを管理画面にアップロードすることで、Googleに同じ電話番号が登録されていた場合、そのユーザーに広告が配信されます。

 

カスタマーマッチを使えば、過去の購入者にリピートを促したり、新商品を知らせたりすることが可能です。

Google検索広告のオーディエンス設定3つの注意点

話を膨らませて、実際にオーディエンスを設定するときの注意点を3つご紹介します。

 

特に初心者が失敗しやすいポイントに絞って解説するので、これから配信を始める方は是非ご一読を!

  • オーディエンスを絞りすぎないよう注意
  • リマーケティング期間の重複に注意
  • コンバージョンユーザーの除外を忘れないよう注意

オーディエンスを絞りすぎないよう注意

できるだけ見込みの高い顧客に絞って配信しようとするあまり、インプレッションがほとんど発生しなくなってしまうパターン。広告運用者なら経験のある方も多いと思います。

オーディエンスを絞るのは大切ですが、配信が出なくなってしまっては本末転倒ですよね。まずは幅広いオーディエンスに配信し、効果の悪いものから精査していきましょう。

リマーケティング期間の重複に注意

リマーケティングでは「7日・14日・30日」のように、期間別に広告グループを分けて効果を検証することも少なくありません。

ここで注意したいのが、リマーケティング期間が重複してしまっているパターンです。

 

例えば、以下のような期間設定。

・7日:1~7日のユーザーに配信
・14日:1~14日のユーザーに配信
・30日:1~30日のユーザーに配信

1~7日などの期間が重複しています。

正しい期間設定は、

・7日:1~7日のユーザーに配信
・14日:8~14日のユーザーに配信
・30日:15~30日のユーザーに配信

ですよね。

 

リマーケティング期間の重複が起きると正しい検証が行えず、インプレッションが偏る可能性も上がります。

慣れない方からすると少しレベルの高い話かもしれませんが、期間を分けてリマーケティングを行う際は、組み合わせリストを使って不要な期間を除外しましょう。

コンバージョンユーザーの除外を忘れないよう注意

初回のみコンバージョンを計測する案件については、配信対象からコンバージョン済ユーザーは除外することがおすすめです。

特に長期間配信する案件やコンバージョン数が多い商材は影響が出やすいので、忘れないよう設定しましょう。

まとめ:Google検索広告のオーディエンスを積極的に活用しよう

繰り返しになりますが、Google検索広告では以下5つのオーディエンスの設定が可能です。

  • デモグラフィックターゲティング(デモグラ)
  • 検索広告向けリマーケティング(RLSA)
  • 購買意向の強いユーザーのターゲティング
  • 類似ユーザーターゲティング
  • カスタマーマッチ

オーディエンスを活用することで、CPAが劇的に改善する可能性もあります。積極的に利用しましょう。

ただし、オーディエンスに依存するのは禁物。ユーザーの目につく部分である広告文やLPなどの改善も怠ってはいけません。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。WEBマーケティング会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の「901KW」でSEO1~3位表示中(20年8月時点)