WEBマーケティング支援事業を展開。HP制作からSEO・広告運用代行・インハウス支援を実施。

2021/2/24 Facebook広告

Facebook広告のテキスト文字数上限・推奨画像サイズ【2021年最新版】

多くの場合、広告を配信できる媒体には入力できる文字数の上限が設定されています。

また、画像を使用する広告の場合は、推奨される画像サイズやフォーマットが決められていることも。

この記事では、Facebook広告において設定されているテキスト文字数上限・推奨画像サイズを解説します。

  • おすすすの画像サイズ
  • おすすめの文字数
  • 上記を踏まえた上でFacebook広告作成時に気をつけるべきポイント

「これからFacebook広告を配信しようと思っている」という方や「成果の出るFacebook広告を作成したい」と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

なお弊社では、Facebook広告の王道の成功パターンと成功事例をまとめた資料を無料プレゼント中です!

Facebook広告の運用に役立つポイントをまとめているので、以下のページからお気軽にダウンロードしてください。

Facebook広告は種類によって推奨文字数・画像サイズなどが違う

Facebook広告には下記4種類の広告フォーマットが用意されています。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告

これらの広告フォーマットは、それぞれ推奨文字数や推奨画像サイズなどが違います。

以下から、広告種類別に入力できるテキスト文字数の上限と推奨される画像フォーマットを見ていきましょう。

広告種類別のテキスト文字数上限・推奨画像フォーマット

Facebook広告の種類を把握したところで、ここからはそれぞれのテキスト文字数の上限や推奨される画像フォーマットを紹介していきます。

1.写真広告

画像に関する推奨事項

ファイルタイプ JPG・PNG
アスペクト比 1.91:1~1:1
解像度 1,080×1,080ピクセル以上

テキストに関する推奨事項

メインテキスト 半角125文字以内
見出し 半角40文字以内
説明 半角30文字以内

おすすめ画像サイズ・テキスト量

画像 アスペクト比1:1

解像度1,080×1,080ピクセル以上

テキスト メインテキスト:半角100文字程度

見出し:半角30文字程度

説明:半角20文字程度

  • 画像サイズ:1:91よりも1:1の方がスマートフォンで見た際に画面占有率が高く、おすすめです。
  • テキスト:推奨事項ギリギリまで記入してしまうと省略されてしまうこともあるため、基本やや少なめに。

2.動画広告

動画に関する推奨事項・規定

ファイルタイプ MP4・MOV・GIF
アスペクト比 4:5
解像度 1,080×1,080ピクセル以上
最大ファイルサイズ 4GB

テキストに関する推奨事項

メインテキスト 半角125文字以内
見出し 半角40文字以内
説明 半角30文字以内

その他推奨事項・規定

動画の長さ 1秒~241分
最小幅 120ピクセル
最小高さ 120ピクセル
動画設定 H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
キャプション 設定を推奨
動画音声 音声有りを推奨

おすすめの動画の長さ・テキスト量

動画の長さ 30秒~2分以内
テキスト メインテキスト:半角50~70文字程度

見出し:半角30文字程度

説明:半角20文字程度

  • 動画の長さ:2分以上の動画はエンゲージメントが大幅に下がるという調査結果が出ています。(WISTIA社より)長くても2分以内に収めることをおすすめします。
  • テキスト:動画という情報量が多いメインコンテンツがあるため、画像よりも少なめを意識しましょう。

3.カルーセル広告

画像・動画に関する推奨事項・規定

画像の

ファイルタイプ

JPG・PNG
動画の

ファイルタイプ

MP4・MOV・GIF
アスペクト比 1:1
解像度 1,080×1,080ピクセル以上
画像の最大

ファイルサイズ

30MB
動画の最大

ファイルサイズ

4GB

テキストに関する推奨事項

メインテキスト 半角125文字以内
見出し 半角40文字以内
説明 半角20文字以内

その他推奨事項・規定

カルーセルカードの数 2~10
動画の長さ 1秒~240分

おすすめのカルーセルカード数・テキスト量

カルーセルカード数 4~7枚
テキスト メインテキスト:半角100文字程度

見出し:半角25文字程度

説明:半角10文字程度

  • カルーセルカード数:少なすぎてはカルーセル広告の良さを生かしきれませんし、多すぎてはユーザーが疲れてしまうため、4~7枚ほどが適切です。しかし、商材や表現に合わせて増減するとよいでしょう。
  • テキスト:画像広告同様、省略されてしまうことを防ぐため、上限よりもやや少なめに入力することがおすすめです。説明が画像広告よりも短いので注意しましょう。

4.コレクション広告

画像・動画に関する推奨事項・規定

画像の

ファイルタイプ

JPG・PNG
動画の

ファイルタイプ

MP4・MOV・GIF
アスペクト比 1:1
解像度 1,080×1,080ピクセル以上
画像の最大

ファイルサイズ

30MB
動画の最大

ファイルサイズ

4GB

テキスト・その他に関する推奨事項

メインテキスト 半角125文字以内
見出し 半角40文字以内
その他 インスタントエクスペリエンス※の設定が必須

※インスタントエクスペリエンスとは…Facebook広告をタップすると開くことができるランディングページ(LP)のような機能です。

コレクション広告では、インスタントエクスペリエンスを作成・設定することが必須要件となっています。

おすすめの動画の長さ・テキスト量

動画の長さ 1~2分
テキスト メインテキスト:半角100文字程度

見出し:半角20文字程度

  • 動画の長さ:コレクション広告では、画像・動画はカバーとして使われます。動画は長さよりも最初の数秒のキャッチーさを意識することがおすすめ。カバー画像・動画でユーザーを引きつけ、商品画像を見てもらいます。
  • テキスト:コレクション広告では複数の商品画像・インスタントエクスペリエンスを設定するため、ユーザーは情報量が多いと感じます。テキストは短めに、その他の部分で訴求を行いましょう。

Facebook広告を作成する際に気をつけるべきポイント4点

Facebook広告を作成する際に気をつけるべきポイント4点

  1. 配置によって違う推奨値・上限値を把握する
  2. メインテキストは3行以下に抑える
  3. 配信したい媒体でのプレビューを確認する
  4. 画像内のテキスト量は20%未満に抑える

ここからは、テキスト・画像を意識してFacebook広告を作成する際に気をつけるべきポイントをお伝えします。

1.配置によって違う推奨値・上限値を把握する

冒頭でもお伝えしましたが、Facebook広告には広告が表示される場所(配置)が全12種類存在します。

そして、広告のテキスト量や画像サイズは配置によって推奨事項が若干異なります。

クリエイティブ作成の前には、配信する媒体の推奨値を確認することを心がけましょう。

各配置の推奨事項は、「Facebook広告ガイド」の各広告ページで確認できます。

(画像は写真広告のページです)

2.メインテキストは3行以下に抑える

2019年8月以降、モバイルニュースフィードにおいてメインテキストは3行を超えると「もっと見る」に隠される仕様となりました。

文字数に関わらず、メインテキストは3行以下にすることでユーザーが内容を読む確率を上げることができるでしょう。

3.配信したい媒体でのプレビューを確認する

Facebook広告の広告作成画面では、配置ごとのプレビューを確認することができます。


それぞれの配置でのプレビューを確認し、思い通りの表示になっているか確認したうえで広告を公開しましょう。

4.画像内のテキスト量は20%未満に抑える

使用する画像のテキスト量は20%未満に抑えることをおすすめします。

以前は画像内にテキストが20%以上含まれていた場合、広告の配信量が減少する・広告が非承認になるといったペナルティがありました。

テキスト量20%以上の画像例

現在は撤廃されているため、画像内のテキスト量が多くとも配信を行うことは可能です。

しかし、Facebook公式の「広告画像のテキストについて」というページには以下のような記載があります。

たとえば、画像内のテキストを20%未満に抑えると、パフォーマンスが高くなることがわかっています。

このことから、ペナルティが無くなった今も画像内のテキストは抑えた方がよいと言えます。

画像内にテキストを含める際は慎重にクリエイティブを作成しましょう。

まとめ:媒体にマッチした適切なクリエイティブを配信しよう

推奨事項を満たした広告クリエイティブは、ユーザーにとっても見やすい広告としてFacebook上で配信されます。

推奨事項を満たした上で、宣伝したい商品・サービスに合った広告を作成しましょう。

Facebook広告成功の王道パターンを無料配布中!

Facebook広告の王道の成功パターンと成功事例をまとめた資料を無料プレゼント中です!

Facebook広告の運用に役立つポイントをまとめているので、以下のページからお気軽にダウンロードしてください。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
新卒にて㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→副業から事業拡大した後、株式会社WALTEXを創業。DX/デジタルマーケティング支援会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の「567KW」でSEO1~3位表示中(21年3月時点)

CONTACT

お問い合わせから施策開始までの流れ