【独立・副業向け】リスティング広告フリーランスの集客から営業方法まで全公開

「お客さんをどうやって取っているの?」

独立してしばらく経ち、周りの仲間からこのような疑問を聞かれることが多くなりました。

たしかに、フリーランスにとって集客は命ですがその方法がわからず困っている方は非常に多いようです。

 

そこで、リスティング広告フリーランスの集客から営業方法まで、私の知識と経験をもとに記事にまとめることにしました。

 

以前の私と同じように、

「リスティング広告フリーランスになりたい!」

「リスティング広告の副業を始めようかな」

と思っている方の助力になればと思っています。

 

本記事では、リスティング広告フリーランスの集客から営業方法まで、以下の順番でお伝えしていきます。

  • リスティング広告フリーランスに必要なスキル
  • リスティング広告フリーランスの3つの集客方法
  • リスティング広告フリーランスの営業の流れ・コツ

 

私自身、副業でリスティング広告運用を1年9ヵ月経験した後、独立・法人化しました。副業当時で関わった案件は20件以上。

現在はフリーランスを目指すリスティング広告運用者の講師として、20人以上の方から相談をいただいています。

 

そんな私の経験をもとに、集客から営業方法までお伝えできればと思います。

リスティング広告フリーランスに必要なスキルは「①運用型広告のスキル×②営業力」

「お客さんをどうやって取るの?」に合わせて「そもそも僕(私)はやっていけるのかな?」という不安が大きい人がいると思います。

(実際に僕がそうでした)

 

これに関しては、「①運用型広告のスキル」「②営業力」があれば大丈夫かと思います。

①運用型広告のスキル

  • アカウント構築→入稿まで自分で全部できる
  • 目的、商材、ユーザーに応じて配信媒体や手法を選定できる
  • 自分でレポートが作成できる
  • 広告効果の分析とネクストアクションをまとめてクライアントに報告できる
  • タグの設定が出来る(グローバルサイトタグの全ページ設定やCV設定)

②営業力

  • 仕事の打診を継続的に発信して、仕事を取る
  • 服装の清潔感(ジャケパンをジャストサイズ着用)
  • 相手の課題を把握するヒアリング
  • 課題を元にした提案
  • 条件交渉(料金や期間やサポート体制)
  • 電話やチャットワークによるコミュニケーション

特に必須なのは「①運用型広告のスキル」です。ここが不安な方はまず自身の運用スキルを磨きましょう。

リスティング広告フリーランス3つの集客方法

シンプルに言うとリスティング広告の仕事は「広告主×運用者」がマッチングすれば発生します。

 

「じゃあどうすればマッチングできるの?」というと、現在では下記が主なマッチング方法として挙げられます。

  1. エージェントの紹介
  2. クラウドソーシングを活用
  3. 知り合いからの紹介

それぞれ順番に詳細をお伝えしていきます。

 

①エージェントの紹介

  • 事業主側の常駐マーケターが欲しい
  • 広告代理店の人員不足(仕事はあるけど運用者が足りてない)

などで困っている企業が増加している影響で、エージェント紹介案件は数多くあります。

 

案件自体の報酬単価は「スキル次第」になりますが、

  • 週2~3日で20~30万円
  • 週3~4日で30~40万円

などの案件が平均的に多くある印象です。

※ちなみに私のスキルでは、週3~で40万円のレベルとなります。 

→私のスキルはこちら

 

また、リモートの案件もあり。相談次第で柔軟に勤務エリアや働き方を指定できるのも強みです。

 

正直な話、代理店で週5働いて20~30万円の給与であれば、週2~3日で20~30万円の方が、時間が大幅に削減されるため良いのではと思います。

年金や保険などの社会保障が無くなるデメリットもあるので、自身の状況に応じて判断頂ければと思います。)

 

一方で、私のように事業を伸ばしたい思考や、安定的な収入がまずは欲しい方は、週3常駐で生活費を稼ぎましょう。

残りの週4で自分の事業を伸ばす活動が出来るので、正社員の週5より時間を多く割ける分強みがあると思います。

 

参考としてエージェントのリンクを載せておきます。

私も登録をしておりますが、担当者に付いていただけるので安心です。

特にプロシートさんはおすすめです。フリーランスの立場に立って案件を紹介してくれる、信頼できるエージェントです。

 

②クラウドソーシングを活用

副業で自身の案件を獲得するなら、クラウドソーシングもオススメです。

リスティング広告運用の案件以外にも、

  • Facebook広告やTwitter広告の運用
  • アカウント構築
  • タグのサポート

などその時々に応じて様々な案件があります。

 

一方で、単価が安いのがデメリットです。

最初のステップとしてはオススメですが、こちらで利益を稼ぐとなると単価が低い分時間が掛かります。長期的にはあまりオススメはできないかなと思います。

 

参考として、クラウドソーシングサービスのリンクも載せておきます。

 

③知り合いからの紹介

知人で事業をしている人がいれば、リスティング広告のフリーランスとして副業を開始した旨を伝えてみましょう。

 

  • リスティング広告を出しているけど、やり方がわからなくて全然触ってない
  • リスティング広告の改善方法がわからない
  • そもそもタグ設定してなくてCVの計測が出来てない

など困っている方は多いので、話を聞いて改善を提示することでお役に立つことが可能です。

 

また、そのようなツテで仕事を貰いやすくもなります。

※実際に僕はほぼ全て紹介による連鎖でお仕事を頂きました。

 

リスティング広告フリーランスの営業の流れとコツ

特に運用型広告のコンサルタントで「営業経験が無い方」が本業界には多いイメージです。

しかし、事業を立ち上げる上で営業スキルは必須となります。

 

では、

  • 運用のみで営業経験がない
  • 営業経験はあるけど得意じゃない

という方はどうすれば良いのか。

私が営業をする際に心がけていることを、アポ準備~アポ後まで4ステップでお伝えします。

 

また、説得力を出すために私の営業実績を以下に載せておきます。

  • 代理店営業時代に個人の月間表彰を2度獲得
  • HPお問い合わせからの成約率は60%以上

 

①アポ準備:まず外見を整える

営業と運用を両方共経験したのが私の強みですが、前職がブライダル業界だったこともあり、外見を社内+社外で沢山ご指導頂きました。

(ホテルやゲストハウスの支配人様もキチンとしているため、汚い靴やオーバーサイズのジャケットではお伺いできません。)

 

特に外見で意識したのは下記ポイントとなります。

関連画像
全体の外見まとめ
  • 髪型はショートで前髪を上げて清潔感を出す
  • 「ジャストサイズ」のジャケットとパンツを必ず着用(私はAOKIのジャケットを着用してます。ジャストサイズと良い生地であれば問題ないです。)
  • Yシャツはノーアイロンシャツでシワを無くす(PSFA[パーフェクトスーツファクトリー]さんのノーアイロンシャツはまとめて買うと安い+細身+伸びるので仕事の邪魔になりません。今でも愛用しております)
  • 白のポケットチーフをスクエア折りで入れる(清潔感が増すので絶対に入れた方が良いです。ビジネスなら白のチーフが万能です。初対面ならなるべくカラーチーフは辞めておきましょう。)
    「白 スクエア チーフ」の画像検索結果
    左の白チーフがオススメ。折り方は「スクエア」で入れましょう。
  • 靴はきれいに磨いておく
  • 太っているのはNG。最低限「普通」に見られる体型に筋トレと食事制限を行う(セルフマネジメントが出来ないフリーランスに、仕事を振ろうとは思いません。)
  • フリスクはポケット常備。必ずお会いする前に一粒食べる。

    オススメは殺菌力と継続力に優れる「緑茶のミンティア」です。(コンビニやAmazonに売ってます。)

 

②アポ準備:アポ先の会社内容やLPを確認しておく

基本的に自分で調べられる所は調べておきます。

(調べてわかることをアポ中に聞くのは時間の無駄+相手に失礼になってしまいます。)

  • 事業概要
  • 強み 弱み
  • 競合情報
  • 媒体戦略
  • 過去に出稿した可能性のある媒体(サイトのタグを見て調べます。) 

例えばGoogleリマ―ケティングのタグを見つけたらアポで

「過去にGoogleを出向したか?」
「現在もしているか?」
「効果はどうだったか?」

などの当たりを付けた質問をします。

また、過去に出稿したデータをクライアントがお持ちであれば、先に頂いて分析+課題抽出+想定効果を試算しておきましょう。

 

③アポ当日:ヒアリングに70%以上のお時間を割く

②で調べた内容を元に質問を行い

  • 現在の悩み
  • 課題
  • 達成したい目標

などをすり合わせしましょう。

 

アポで意識する事は「とにかくクライアント様の話に集中してヒアリングをする」です。

 

営業=提案や新商品の案内をする事が仕事と考え、とにかく数を打つ事をする人もいます。

ですが、WEBマーケティングの営業は「クライアントの叶えたい願望を聞き、その達成に向かって助言やお手伝いをすること」が大切です。

 

また、人間の心理的に押し売りは嫌がられます。

特に初回アポでは相手の意向を聞く事に集中しましょう。

「1回目に聞いた内容を元に、2回目のアポでしっかりと提案をする」というのが黄金法則です。

 

また、時間があれば「何故この事業を始めたのか、経営者ご自身の経歴や思い」を是非聞いて下さい。

リスティング広告フリーランスの強みは「クライアント(特に経営者)と直接膝を突き合わせて議論できること」です。

 

私個人としても歴史が好きな為。そのような思いを聞くとクライアントへの熱が増加します。

自分のモチベーションを高める為にも是非聞いてみましょう。

 

④アポ後:お礼連絡を翌日までに送付

アポが終了したらお礼の連絡をなるべく早く送付します。

また、出てきたタスクをスケジュールに落としこんで共有しましょう。

アポ後に時間が空くとお互いの熱が冷めてしまうので、早め+こまめな連絡を心がけましょう。

 

まとめ:まずは「知り合いの紹介案件」を取り「アポ数を重ねて」営業レベルを上げよう

副業から始める人が多いと思いますが、まずは「知り合いからの紹介」がオススメです。

理由としては下記です。

  • 信頼出来る人と仕事が出来る為、金銭トラブルが少ない
  • 事業に対するアドバイスを損得勘定抜きで貰える
  • 元から知り合いなので「役に立とう」というポジティブな思いが入りやすい

まずは知り合いの紹介から案件を1個取り、1歩ずつ進めて行きましょう!

 

また実アポでの対応優先度は

①外見の整え

②アポ当日のヒアリングレベルの上昇

が良いと思います。

 

①の外見はお金を投資すればすぐに変化が起こせる+インパクトが大きいからです。

②のアポ時のヒアリングに関しては数を沢山行って努力する分野なので、恐れずに沢山アポに行きましょう。

営業が出来るとコミュニケーション能力が高まるので、私生活においてもプラスの影響が出てきますよ!

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループのウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。運用型広告事業を軸としたWEBマーケティング会社を経営。SEOで「神奈川 リスティング広告」「リスティング フリーランス」で1~2位表示中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA