WEBマーケティング支援事業を展開。HP制作からSEO・広告運用代行・インハウス支援を実施。

2021/6/4 Twitter広告

Twitter広告の全種類|フォーマット,表示場所,ターゲティングの種類を総まとめ

Twitter広告と言っても様々な種類があり、全てを把握しづらいと思う方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Twitter広告について、以下の全種類を解説します。

  • クリエイティブフォーマットの種類
  • 表示される場所
  • ターゲティングの種類

複雑なTwitter広告の種類をできるだけわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

Web広告の王道の成功パターンと成功事例をまとめた資料を無料プレゼント中です!

以下のページからお気軽にダウンロードしてください。

Twitter広告クリエイティブフォーマットの種類5つ

まずは、Twitter広告のクリエイティブフォーマットを紹介します。

Twitter広告のクリエイティブフォーマットは、2021年4月に名称が変更されました。

2021年5月現在、Twitter広告で使用できるクリエイティブフォーマットは以下の5つです。

  1. プロモ広告
  2. フォロワー獲得広告
  3. Twitter Amplify
  4. Twitterライブ
  5. Twitterテイクオーバー

以下に過去の対応する名称をまとめました。

現在の名称 旧名称
プロモ広告 「プロモツイート」内

  • プロモテキスト
  • プロモイメージ
  • プロモGIF
  • プロモ投票

「動画」内

  • プロモビデオ
フォロワー獲得広告 「プロモツイート」内

  • プロモアカウント
Twitter Amplify 「動画」内

  • Amplifyプレロール
  • Amplifyスポンサーシップ
Twitterライブ 「動画」内

  • プロモライブビデオ/Periscope
Twitterテイクオーバー 「ブランド」内

  • プロモトレンド
  • プロモトレンドスポットライト

この他、旧名称「カード」はおおむね「プロモ広告」に内包されています。

また、投票機能やカンバセーショナルカードは「カスタム機能」としても紹介されています。

ここからは、新しくなったTwitter広告のクリエイティブフォーマットについて詳しく解説していきましょう。

1.プロモ広告

Twitter広告の中で最も一般的な広告です。

以下の広告は「プロモ広告」に分類されるフォーマットとして紹介されています。

  • 画像広告:画像を使った広告
  • 動画広告:動画を使った広告
  • カルーセル広告:複数枚の画像・動画を使った広告
  • モーメント広告:一連のツイートを作成しまとめたものを使用する広告
  • テキスト広告:テキストのみの広告

2.フォロワー獲得広告

Twitterのアカウントそのものを宣伝し、フォロワーを獲得するための広告です。

以下のような場合に最適な広告形式だと言えるでしょう。

  • ブランドの宣伝をしたい
  • フォロワーを増やしたい

旧名称は「プロモアカウント」で、プロモツイートの内のひとつとして紹介されていました。

3.Twitter Amplify

Twitter Amplifyは、動画の前に流れる広告、いわゆる「プレロール広告(動画の前に流れる広告)」を配信できるフォーマットです。

Amplifyプレロール

プレロール広告を配信できます。

用意された動画コンテンツのカテゴリを選択することで、宣伝したい商品やサービスに合った動画に広告を配信できる仕組みです。

Amplifyスポンサーシップ

Amplifyスポンサーシップでは、広告を配信する動画の提供者(パブリッシャー)を選択できます。

より一体感のある動画コンテンツとして広告を配信できることがメリットです。

動画の仕様などはAmplifyプレロールと同様です。

4.Twitterライブ

Twitter上でライブ配信を行い、宣伝したい内容を発信できるフォーマットです。

以下のような場合に適しているフォーマットだと言えるでしょう。

  • 新製品・新サービスの発表会やイベントの中継
  • 観光地など、土地や季節ならではの情報を発信する場合

配信は「Media Studio Producer」という専用のツールを通して行います。

そのため、Media Studio Producerのストリーミング仕様に合った配信環境を用意することが大切です。

5.Twitterテイクオーバー

Twitterテイクオーバーは、買い切り型の広告フォーマットです。

管理画面から作成するプロモ広告などとは違い、1日単位で広告枠を購入し、配信を行うフォーマットです。

大きく分けて

  • タイムラインテイクオーバー
  • トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラス

の2種類があるので、順番に解説します。

タイムラインテイクオーバー

タイムラインテイクオーバーを使用して広告を配信すると、ユーザーがその日初めてTwitterを開いたタイミングでタイムラインの1番上に広告を表示できます。

ユーザーが1日の最初に見る広告となるため、大きな印象を残すことができるでしょう。

タイムラインテイクオーバーは、以下のフォーマットに対応しています。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • Twitterライブ
  • カンバセーションボタンおよび投票付きのプロモ広告
  • ブランド絵文字
  • ブランド通知

トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラス

トレンドテイクオーバーは、トレンド画面にハッシュタグとテキストで構成された広告を掲載できる広告フォーマットです。

トレンドテイクオーバープラスは、上記にプラスし画像・動画などのメディアを使用できます。

どちらもTwitterの[話題を検索]タブ(虫眼鏡のボタン)を押すと表示される画面に広告が表示される仕組みです。

「情報を検索したい」「最新の情報を知りたい」と考え[話題を検索]タブを開いたユーザーに対して、トレンドに連動した広告を表示できます。

Twitter広告が表示される場所の種類7つ

次に、Twitter広告が表示される場所をご紹介します。

Twitter広告が表示される場所は、以下の7箇所です。

Twitter広告が表示される場所

  1. タイムライン(TL)
  2. 検索ページTOP
  3. 検索結果
  4. プロモトレンドの検索結果
  5. アカウントのプロフィール
  6. 公式Twitterクライアント
  7. オーディエンスプラットフォーム

※7.のオーディエンスネットワークのみ、Twitter外の場所を指しています

以下からひとつずつ解説していきましょう。

1.タイムライン(TL)

Twitter広告は、Twitterで自身が投稿した内容やフォローしたユーザーの投稿を確認できるタイムライン(TL)に表示されます。

表示される可能性がある広告は以下の通りです。

  • プロモ広告
  • フォロワー獲得広告
  • Twitter Amplify(動画コンテンツの前)
  • Twitterライブ
  • タイムラインテイクオーバー

2.検索ページTOP

Twitterで虫眼鏡のボタンを押すと表示されるページにも広告が表示されます。

正式名称は「[話題を検索]タブ」です。「トレンド画面」とも呼ばれています。

トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラスで配信する広告が表示される可能性があります。

3.検索結果

[話題を検索]タブから検索を行った結果表示されるツイート群の中にも、広告が表示されることがあります。

表示される可能性がある広告は以下の通りです。

  • プロモ広告
  • フォロワー獲得広告
  • Twitter Amplify(動画コンテンツの前)

4.プロモトレンドの検索結果

[話題を検索]タブを開くと、トレンド情報が表示されます。

トレンド情報をクリックすることでトレンドに関する情報を確認できますが、そのトレンド情報ページ(プロモトレンドの検索結果)においても広告が表示されることがあります。

表示される可能性がある広告は「検索結果」と同様です。

5.アカウントのプロフィール

アカウントのプロフィールページを確認した際にも、広告が表示されることがあります。

表示される可能性がある広告は「検索結果」と同様です。

6.公式Twitterクライアント

Twitterの公式クライアントを使用していると、広告が表示されることがあります。

Twitterの公式クライアントとは、以下のアプリなどを指します。

  • Twitter for iPhone
  • Twitter for Android
  • Twitter公式デスクトップクライアント
  • Twitter公式モバイルクライアント

すべての広告が表示される可能性があります。

7.オーディエンスプラットフォーム

オーディエンスプラットフォームとは、Twitterが有しているモバイル広告ネットワークです。

オーディエンスプラットフォームに広告を配信する設定を行うと、Twitter外のアプリやWebサイトにもTwitterで作成した広告を配信できます。

Twitter広告のターゲティングの種類3つ

ここからは、Twitter広告のターゲティングについて紹介します。

Twitter広告で使用できるターゲティングは、以下の3種類です。

Twitter広告で使用できるターゲティング

  1. オーディエンスの特性
  2. オーディエンスタイプ
  3. あなたのビジネスのオーディエンス

ひとつずつ解説していきます。

1.オーディエンスの特性

「オーディエンスの特性」では、ユーザーのデモグラフィック属性にもとづいた以下のターゲティングを使用できます。

  • 地域ターゲティング
  • 言語ターゲティング
  • 端末、プラットフォーム、Wi-Fiターゲティング
  • 年齢ターゲティング
  • 性別ターゲティング

地域ターゲティングはローカルビジネス地域限定セールを行う場合に役立つでしょう。

ターゲットユーザーの年齢や性別が明確な商品・サービスの宣伝を行う際には、特にしっかりとした設定をおすすめします。

2.オーディエンスタイプ

「オーディエンスタイプ」は、ユーザーが行っている会話や行動などにもとづいたターゲティングを使用できます。

  • 会話ターゲティング
  • イベントターゲティング
  • ツイートにエンゲージメントした利用者のターゲティング
  • キーワードターゲティング
  • 映画とテレビ番組のターゲティング
  • 興味関心ターゲティング
  • フォロワーが似ているアカウントのターゲティング

特定のキーワードをつぶやいているユーザーに対して広告を配信したい場合や、映画・テレビ番組などリアルタイムな出来事に連動させて広告を配信したい場合に有効です。

3.あなたのビジネスのオーディエンス

あなたのビジネスのオーディエンス2種類

  • フォロワーターゲティング
  • カスタムオーディエンス

「あなたのビジネスのオーディエンス」は、名称の通り自身のビジネスに関するオーディエンスをターゲティングできるものです。

フォロワーターゲティングでは、自身のTwitterアカウントをフォローしているユーザーをターゲティングすることができます。

カスタムオーディエンスは、自身が保持しているリストなどを用いて作成できるターゲティングリストです。

作成できるカスタムオーディエンスは以下の通りです。

名称 概要
リスト メールアドレスなどにもとづいたオーディエンス
ウェブサイトアクティビティ ウェブサイトから収集したアクセス履歴などにもとづいたオーディエンス
アプリアクティビティ ユーザーのアプリインストールなどの行動にもとづいたオーディエンス

Twitter広告でリターゲティングを行えるため、ぜひ取り入れたいターゲティング方法です。

まとめ:Twitter広告の種類を把握してとことん活用しよう!

本記事のまとめ

  • Twitter広告のクリエイティブフォーマットは大きく分けて5種類
  • 表示される場所は7箇所で、広告の目的やフォーマットによって異なる
  • ターゲティングの種類は3つで、ユーザー属性や会話内容などを指定してターゲティングを行える
  • Twitter広告はリターゲティングが可能

どの種類にも適した商品・サービスがあるため、自社に適した「種類」を把握することでTwitter広告の効果を上げることができるでしょう。

「種類が多くて活用しきれない」「もっとTwitter広告を効果的に活用したい」という場合は、広告代理店への外注(アウトソーシング)を検討することもおすすめです。

弊社WALTEX(ウォルテックス)でも、Twitter広告の戦略設計から実行、分析まで一貫してお受けしております。

サービス資料を配布しておりますので、以下のボタンからお気軽に無料でダウンロードしてください。

Web広告成功の王道パターンを無料配布中!

弊社では、Web広告の王道の成功パターンと成功事例をまとめた資料を無料プレゼント中です!

以下のページからお気軽にダウンロードしてください。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
新卒にて㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→副業から事業拡大した後、株式会社WALTEXを創業。DX/デジタルマーケティング支援会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の「567KW」でSEO1~3位表示中(21年3月時点)

CONTACT

お問い合わせから施策開始までの流れ