リスティング広告の仕組みを徹底解説-表示までの流れ/料金/掲載順位について

リスティング広告って、用語や仕組みなど最初は難しく感じますよね。

あなたも、以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

「リスティング広告ってどういう仕組みで表示されてるんだろう?」
「料金が発生するタイミングは?」
「掲載順位はどうやって決まるの?」

この記事では、そんな疑問を解決します。

具体的には、
・広告が表示される仕組み
・料金が発生する仕組み
・掲載順位が決まる仕組み
を解説します。

未経験者でも分かるように解説するので、是非参考にしてくださいね。

 

リスティング広告が表示されるまでの仕組み

リスティング広告は以下の5ステップで表示される仕組みになっています。

  1. アカウントの開設
  2. キーワードや広告文の登録
  3. ユーザーが登録したキーワードを検索
  4. オークションが発生
  5. 勝者の広告が表示

表示されている広告は、必ず上記5ステップを踏んでいます。詳しく見ていきましょう。

1. アカウントの開設

まずはアカウントを作るところから始めます。Google広告のアカウント作成は簡単なので、慣れない方でも30分程度で終わると思います。

アカウントの作り方は、Google公式「Google広告ご利用開始ガイド」を参考にしてください。

2. キーワードや広告文の登録

アカウントを作成したら、配信したいキーワードを登録します。キーワードは広告主が自由に設定できますが、検索ボリュームが少なすぎると表示されません。

キーワードは完全一致、部分一致などを自由に設定できます。

これをマッチタイプと言い、「リスティング広告のマッチタイプを徹底解説」でも解説しています。こちらも参考にしてください。

3. ユーザーが登録したキーワードを検索

2で登録したキーワードをユーザーが検索します。

4. オークションが発生

キーワードをユーザーが検索した瞬間、そのキーワードを登録している広告主同士でオークションが発生します。

オークションの仕組みは後述しますが、ざっくり以下の2つで順位が決まります。

  • 広告の品質
  • 入札金額(入札単価)

5. 勝者の広告が表示

オークションの勝者の広告が上から順番に表示されます。

以上がリスティング広告が表示されるまでの仕組みです。次は、料金が発生する仕組みを解説します。

リスティング広告の料金が発生する仕組み

リスティング広告の料金が発生するタイミングはいつでしょうか。実は、広告が表示されるだけでは料金は発生しません。

リスティング広告は、広告がクリックされたときに初めて費用が発生します。いわゆる「クリック課金型」ですね。

 

いくら広告が表示されても、Webサイトに訪れてもらわないと意味がないですよね。クリック課金型は、合理的な課金の仕組みではないでしょうか。

ちなみに、クリック単価は大体数百円が目安です。クリック単価や広告費の相場は以下記事で詳しく解説しています。

リスティング広告費用の目安/相場とは-予算の決め方やクリック単価相場も紹介

リスティング広告の掲載順位が決まる仕組み

リスティング広告の掲載順位とは、検索結果に表示される順番のこと。掲載順位が高いとクリック率も高まり、より多くの検索ユーザーを集客できます。

この掲載順位が決まる仕組みですが、結論から言うと「広告ランク」という指標で決まります。詳しく解説しますね。

広告ランクで掲載順位が決まる

掲載順位は基本的に「広告ランク」が高い順で決定します。(厳密にいうと広告表示オプションなども少し影響しますが、割愛します。)

急に専門用語が出てしまいましたが、簡単に言うと広告ランクとは以下の式で計算して出た数字のことです。

広告ランク = 入札単価 × 広告の品質

入札単価は自分で設定することができますが、広告の品質はGoogleやYahoo!が機械で判断します。

要するに「高い金額を払って、良質な広告を出した人」が上位表示できるという、理にかなった仕組みですね。

ちなみに、広告の品質のことを
・Googleでは「品質スコア」
・Yahoo!では「品質インデックス」
と言います。

品質スコア(品質インデックス)を上げる方法

そもそも品質スコアは、以下3つの要素を基準に決まります。

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディング ページの利便性
    参考:Google広告ヘルプ「品質スコアについて

では、どのように品質スコアを改善するのか。基本的な対策は以下5つです。

  • なるべくクリックしたくなる広告文を作る(嘘はNG)
  • 不要なキーワードは除外登録する
  • 広告文に検索キーワードを含める
  • キーワードと広告文の内容の関連性を高める
  • キーワードとランディングページの内容の関連性を高める

もちろん、上記以外にもそれぞれのケースに応じた対策が必要です。品質スコアが決まる3要素の改善を意識した施策を沢山試しましょう。

まとめ:リスティング広告が表示されるまでは5ステップ!料金はクリック時に発生

繰り返しになりますが、リスティング広告が表示される仕組みは、以下5ステップです。

  1. アカウントの開設
  2. キーワードや広告文の登録
  3. ユーザーが登録したキーワードを検索
  4. オークションが発生
  5. 勝者の広告が表示

ただし、広告が表示されただけでは料金は発生せず、クリックされて初めて課金が発生します。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループのウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。運用型広告事業を軸としたWEBマーケティング会社を経営。SEOで「神奈川 リスティング広告」「リスティング フリーランス」で1~2位表示中。