リスティング広告費用の目安/相場とは-予算の決め方やクリック単価相場も紹介

これからリスティング広告を出す方にとっては、予算をいくらにすれば良いのか迷いますよね。

自由に予算を設定できるのはリスティング広告のメリット。ですが、それゆえに迷ってしまうのも事実です。

そこで、この記事では
・リスティング広告の費用(予算)の目安
・リスティング広告のクリック単価の目安
などを紹介します。

リスティング広告の専門家として100社以上のアカウントを見てきた弊社が、初心者でも分かるように解説しました。是非参考にしてください。

 

リスティング広告の費用(予算)の目安/相場

先に結論から言うと、中小企業の場合は10〜100万円/月がリスティング広告の費用の目安になります。

ですがこちらはあくまで目安でしかありません。実際は業界や商品・ご状況によって大きく異なります。

この記事を読んでいる方の中には、これから予算を決める方も多いのではないでしょうか。なので、次はおすすめのリスティング広告予算の決め方をご紹介します。

リスティング広告の予算の決め方

リスティング広告の予算の決め方ですが、主に2つの方法があります。

  1. 広告に対する利益から費用を算出
  2. キーワードから費用を算出

それぞれ順番に見ていきましょう。

1. 広告に対する利益から費用を算出

『獲得1件あたりの利益』×『目標件数』」をもとに予算を決定する方法です。

例えば、
・獲得1件あたりの利益が1万円
・月の目標獲得数が50件
の場合、予算は50万円で設定します。

もちろん、いざ配信してみると最初は1件あたり1万円以内で獲得できないことも多いです。テストを繰り返し、改善を重ねていく必要があります。

ですが、費用の決め方としてはおすすめの方法です。目標獲得単価や目標件数を決めるので、配信結果の振り返りもしやすくなります。

2. キーワードから費用を算出

あらかじめ配信したいキーワードを決めて、キーワードの月額から予算を決定する方法です。

これだけだと分かりにくいので、例を挙げて説明しますね。

①まず、配信したいキーワードを決めます。

例えば商品がダイエットのサプリメントで、こんなキーワードが候補に挙がったとします。

・痩せる サプリ
・痩せる 方法
・体重 減らす

②次に、これらのキーワードをGoogleキーワードプランナーで調査します。

すると、このような結果になりました。

 

赤枠部分に、月額費用が書いてあります。

※Googleキーワードプランナーで月額費用を調べる方法は後で説明します。

③最後に、先ほどの月額費用を目安に予算を決定します。

先ほどの月額費用を合計します。すると、合計2,275,918円という結果になりました。

この場合、大体230万円をリスティング広告の予算にします。

なお、キーワードプランナーの数値はズレが多く、結果通りに配信されないことも多いです。あくまで参考程度にしてください。

リスティング広告のクリック単価の目安/相場

次に、リスティング広告のクリック単価の目安(相場)を解説します。

業界別のクリック単価の目安/相場

私の経験から、業界別の大まかなクリック単価の相場を表にしました。

実際はキーワードや広告文の品質などによって大きく異なりますが、一つの目安にしていただければ幸いです。

▼2019年 Googleのみの参考値

業界 クリック単価の相場
旅行 80円〜300円
ウエディング 300円〜1,000円
人材 300〜1,000円
独立、副業 100円〜400円
ジム、トレーニング 300円〜600円
btob 250〜500円

Googleキーワードプランナーでクリック単価や月額費用を調べる方法

Googleのキーワードプランナーでクリック単価や月額費用を調べる方法を解説します。数分で簡単にできるので、参考にしてくださいね。

クリック単価や月額費用を調べる方法は、ざっと以下3つの手順に分けられます。

  1. PCでキーワードプランナーを開く
  2. キーワードを入力する
  3. 結果が表示される

1. PCでキーワードプランナーを開く

まず、PCでキーワードプランナーを開きます。アカウントが未登録の方は表示される手順に沿って登録してください。

キーワードプランナーを開くと以下のような画面が表示されるので、画面右側「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします▼

2. キーワードを入力する

次に、候補のキーワードを入力します。

注意点として、キーワードは[]で囲むようにしてください。[]で囲むことで、キーワードと完全一致する検索ボリュームを調べることができます。

入力が終わったら、[開始する]をクリックします▼

3. 結果が表示される

平均クリック単価や月額費用が表示されます▼

 

以上の手順で、クリック単価や月額費用を調べることができます。

リスティング広告で無駄な費用を使わないための心構え2つ

少し話を膨らませて、リスティング広告で無駄な費用を使わないための心構えを2つ紹介します。

  1. 料金やCPAの上限を決めておく
  2. 得られたデータで分析をする

1. 料金やCPAの上限を決めておく

配信を始める前に、広告費やCPA(獲得単価)の上限を決めておきましょう

「広告費を〇〇円使って獲得0件だったら別の対策を検討する」
「CPAが〇〇円を超えたら広告費を抑制する」

この2つを設定しておくだけで撤退ラインが明確になり、効率の悪い配信が続いてしまうのを防ぐことができます。

2. 得られたデータで分析をする

広告を配信して得られたデータには、ユーザーの行動や情報が詰まっています。改善に活かさないのは勿体ないです。

「そんなの当たり前」と思う方も多いかもしれませんが、「配信して終わり」になっている広告主は意外と多いようです。

せっかく費用をかけて得られたデータ。無駄にせず分析に活用しましょう。

まとめ:予算を決めたら、リスティング広告を出稿しよう

リスティング広告の予算がある程度決まったら、ぜひ出稿してみてください。

というのは、どれだけ費用をガッチリ計算しても、配信後に予算を調整するケースが非常に多い為です。

抑制ラインだけ決めて、予算は広告効果に合わせて柔軟に調整してみてください。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループのウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。運用型広告事業を軸としたWEBマーケティング会社を経営。SEOで「神奈川 リスティング広告」「リスティング フリーランス」で1~2位表示中。