【Googleアップデート/CTR改善】タイトル3の追加等が可能に。

[speech_bubble type=”In” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”広告主さん”] Google新機能で広告文が多く表示出来るようになったけど、効果はどうなんだろう? 弊社も導入した方が良いかな?[/speech_bubble]
上記悩みにお答えします。

今回のアップデート概要

18年8月に発表された、ETA(エキスパンドテキストアド)以来の大きな広告文アップデートとなります。
概要をまとめると下記3点になります。
——————————————————–
①3つ目のタイトル(Headline3)が入稿可能に
②説明文(Description)の文字数が半角80→90文字に
③2つ目の説明文(Description2)が入稿可能に
▼図の緑色「NEW」を参照
——————————————————–

導入事例のご紹介

私が管理しているアカウントでも本アップデートが適用されましたので、
早速クライアントのアカウントにてテスト実装を行いました。
▼条件
・条件を揃える為、ブランド名の1キャンペーン1広告GPにてテスト。
・期間1週間。
・アップデート対象以外の広告文は同一とし、
  既存広告文 vs タイトル3+説明文2付きでABテスト。
・目標CPAによる自動入札適用中。
▼結果
CTR111%上昇し、CPCも71%に改善。
※この後配信して行った結果、既存広告文はどんどん抑制されて行きました。

結果を踏まえて

前回のETA導入時もCTRが上昇しましたが、今回もうまく行きました。
まだ掲載面を見ると既存文字数の広告文が多く見受けられます。
(入稿してない or 入稿してるが表示されない)
他社がやる前にいち早く導入すれば、
CTRが高い分オークションを有利に戦えますので、
先行者メリットも働くかなと。
Googleアップデートにいち早く対応し速攻で検証を行うのも、
重要な運用スキルとなりますので、
導入してないアカウントは早い対応を推奨いたします。

投稿者

浜中 広助
浜中 広助株式会社WALTEX 代表取締役
㈱オプトでリスティング+ディスプレイ広告のコンサルタント→㈱サイバーエージェントグループの㈱ウエディングパークにて、アドテク事業部立ち上げメンバーとして運用型広告の営業→株式会社WALTEXを創業。WEBマーケティング会社を経営。コツコツ積み上げるSEOが好きで、WEB広告関連の「901KW」でSEO1~3位表示中(20年8月時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA